BadBye

Singer: Hatsune Miku
Cover: Mugenhime
Producer: koma'n
Release: 11. February 2011

 

Orig. Nico Vide

【歌ってみた】BadBye【夢幻姫】

2011年02月13日 21:48 投稿

 

ひとりぼっち・・・

バレンタインという現実から逃避します(゚∀゚)

カッコイイ素晴らしい本家様!是非聞いてください!

Romanji:

kako no shounen to te o tsunaide

nakayoku aruku bikamichi

hoka no yatsura no aite wa

mata kyou mo kawatte yuku

sonna jinsei ga tanoshii kai?

boku no jinsei ga tadashii yo

datte datte boku wa zutto

ichizu nanda erai desho?

 

wasuremashita tasseikan

ushinaimashita renai kanjou

tayori na no wa kako no

boku dake

 

rekishi o tomeru uta o utau yo

boku no boku no kono hidari no tekubi kara

akai akai uta o utau yo

kokoro no namida ga shizuku ni natte

ochiteiku no wa

kono hoshi

 

rekishi o kizamu hitori ni natte

dore hodo sekai o kaereta darou

te o hanasu no moteginai no ni

baka na koto iu na yo

 

konna jinsei samishii desu

manzoku nante shitemasen yo

demo demo ima made no boku ni nattoku wa shiteru yo

 

boku wa kawaritakunai kara

boku wa kawaranai mama de iru no ni

mawari ga kawaru kara

boku dake ga kawatteiru mitai

 

daikirai na sekai o mite kita

boku no boku no kono futatsu no hitomi kara

aoi aoi uta o utau yo

hontou no namida ga shizuku ni natte

ochiteiku no wa

 

hiniku ni mo kono

boku no kirai na

tatta hitotsu

nozomarete umareta inochi ga

tashika ni aru basho de

 

daikirai na jibun o uta o utau yo

boku no boku no kono tsumetai nodo kara

kuroi kuroi uta o utau yo

hontou no kotoba ga surudoku natte

tsukisasaru no o mitete yo

 

nigetakute

tada nigetakute

boku no boku no kono

tatta hitotsu no karada kara

akai akai uta o sakebu yo

hontou no jibun o jibun de tatte

ochiteku no mo

kono hoshi

kono hoshi

hitoribocchi

Kanji:

過去の少年と手を繋いで

仲良く歩く美化道

他の奴らの相手は

また今日も変わっていく

そんな人生が楽しいかい?

僕の人生が正しいよ

だってだって僕はずっと

一途なんだ偉いでしょ?

 

忘れました達成感

失いました恋愛感情

頼りなのは過去の

僕だけ

 

歴史を止める唄を唄うよ

僕の僕のこの左の手首から

赤い赤い唄を唄うよ

心の涙が雫になって

落ちていくのは

この星

 

歴史を刻む一人になって

どれほど世界を変えれただろう

手を離すのもできないのに

馬鹿なこというなよ

 

こんな人生寂しいです

満足なんてしてませんよ

でもでも今までの僕に納得はしてるよ

 

僕は変わりたくないから

僕は変わらないままでいるのに

周りが変わるから

僕だけが変わっているみたい

 

大嫌いな世界を見てきた

僕の僕のこのふたつの瞳から

青い青い唄を唄うよ

本当の涙が雫になって

落ちていくのは

 

皮肉にもこの

僕の嫌いな

たったひとつ

望まれて生まれた命が

確かにある場所で

 

大嫌いな自分の唄を唄うよ

僕の僕のこの冷たい喉から

黒い黒い唄を唄うよ

本当の言葉が鋭くなって

突き刺さるのを見ててよ

 

逃げたくて

ただ逃げたくて

僕の僕のこの

たったひとつの身体から

赤い赤い唄を叫ぶよ

本当の自分を自分で絶って

堕ちてくのも

この星

この地球(ほし)

ひとりぼっち

Kommentar schreiben

Kommentare: 0